【インフルエンザ対策もお金で解決】-次亜塩素酸水でウイルスから家族を守る-

今年もインフルエンザの流行する季節がやってきました。
f:id:kenzoo33:20181210001627j:image

【インフルエンザ 種類と症状】

インフルエンザウイルスの中で、人間に感染するウイルスは大きく分けて3種類あり

A型・B型・C型と呼ばれています。 また、ウイルスの型によってずいぶん症状や経過が異なります。

【A型インフルエンザ】

A型インフルエンザウイルスは、他と比べ症状が激しい型で強烈な症状が出やすい型だと考えられています。A型はウイルスの形をどんどん変えて進化し続けるため、今までに獲得した免疫が機能しにくく、ワクチンの予測も立てにくいインフルエンザウイルスです。

・38℃以上の高熱
・肺炎を含む、深刻な呼吸器系の合併症
・ものを飲み込むのが難しいほどの、のどの痛み
・関節痛・筋肉痛
・脳炎・脳症の合併症を引き起こす可能性がある

【B型インフルエンザ】
B型インフルエンザウイルスは、昔は数年単位で定期的に流行していましたが、最近では毎年のように流行しています。A型インフルエンザのように、大流行を引き起こすことはあまりないと考えられています。

・下痢やお腹の痛みを訴える方が多い
・人と人の間でしか感染はしない

【C型インフルエンザ】
C型インフルエンザは、いったん免疫を得ると、一生涯その免疫が持続すると考えられています。再びかかったとしてもインフルエンザだとは気づかず、普通の風邪と思ってしまうかもしれません。

・ほとんどの大人が免疫を持っているため感染しにくい
・かかるのは乳幼児が多い
・感染してもインフルエンザとしてはかなり軽症で済むことが多い
・症状は鼻水くらい。ほかの症状はあらわれないことが多い


 

//

【インフルエンザの感染経路】

 インフルエンザはインフルエンザウイルスによる感染症であり、主に以下の二つの経路により感染します。

【飛沫(ひまつ)感染】
インフルエンザに感染している人がくしゃみや咳をすると、唾液が周囲に飛び散ります。そのときに空気中に飛散したウイルスを周囲の人が吸い込むことで、他の人の体内にウイルスが入り感染します。

【接触感染】
インフルエンザに感染した人が手のひらで口を抑えると、手にウイルスが付着します。その手を洗わずに多くの人が触れるところ(電気のスイッチやドアノブ、つり革など)に触れるとウイルスが残ります。そして後から同じところを触った人が、自分の鼻や口に触れ、感染します。

【ウィルスから身を守る『究極の除菌水』・次亜塩素酸水の効果】

【次亜塩素酸水の除菌力】

次亜塩素酸水は、タンパク質などの有機物と接触すると、酸化反応と塩素化反応が起こります。 この酸化反応や塩素化反応により、微生物のタンパク質を 酸化あるいは塩素化 することで、微生物を不活化させます。

【インフルエンザ予防のまとめ】

電気のスイッチやドアノブなど家の中でみんながよく触る箇所を除菌水でこまめに拭いたり、加湿器に除菌水と水を1:3の割合で希釈し使用することで室内の空間除菌、消臭を行うことも出来ます。

また、加湿器で加湿し室内の湿度を上げることでインフルエンザウイルスを抑制する効果も高まりますので加湿器での使用と直接拭き取り作業のダブル除菌をオススメ致します。