【めんどくさい掃除は、お金で解決】②浴室に発生する黒カビは予防でラクスル。

【めんどくさい掃除は、お金で解決】 第二弾は、

f:id:kenzoo33:20181121122958j:plain

『おふろの防カビくん煙剤』は、浴室に発生する黒カビを予防して黒カビの発生を抑制し、使い続ける事で防カビ効果を持続させることが出来る商品です。

【防カビとは?】

目に見えない黒カビの原因菌を除菌し浴室内に黒カビが発生することを防ぐこと

ではなぜ、カビとり掃除をしても浴室の黒カビは再び発生するのか?
黒カビの原因は、目には見えない黒カビの原因菌。浴室中の天井や換気扇裏に潜んでいる原因菌がカビの胞子を浴室内にばらまく。
だから、目に見える黒カビだけを落とすだけではまたすぐに生えてしまうのです。
黒カビがついてしまうと、お風呂そうじ用洗剤では落とすことが難しく、カビ除去剤など危険な薬品を使わなければならない。

【黒カビが発生する条件とは】

・温度 20-30℃
・湿度 70以上
・栄養素 皮脂汚れ等

(温度)(湿度)(栄養素(皮脂汚れ))この 3つの条件がそろうと、原因菌が成長し、目に見える黒カビとなって現れてきます。

黒カビ対策には、目に見えない原因菌を除去(=除菌)することが重要です。

【ではなぜ、『おふろの防カビくん煙剤』が浴室の黒カビを防げるのでしょうか?】

除菌成分〈銀イオンAg〉の煙を浴室の隅々まで浸透させ、目には見えない黒カビをモトから抑えて原因菌を除菌しカビが生えにくくします。

※ピンクぬめりにも効果がありますが、増殖が速いので、黒カビほど防カビ効果が長く続きません。

発生する煙の除菌成分は、身近な〈銀イオンAg〉
銀は食器や制汗剤など、私たちの生活の中で多く使われるてい成分ですので安心して使用できます。また 塩素不使用なので、カビ取り剤のような刺激臭もなく、 手袋やマスクやゴーグルの必要もありません。

【使用方法は】

水をいれて置くだけ。f:id:kenzoo33:20181121122855j:plain

容器の線まで水を入れ浴室の中央に置き、★マークがある面を上向きにしセット。f:id:kenzoo33:20181121122935j:plain約30秒後に煙が出ます。
※セット後には缶が熱くなるので直接触らないこと。
煙が出てきたら、浴室の扉を締め、90分以上放置。f:id:kenzoo33:20181121122838j:plain
(今回も、飛び出し防止用リング蓋をしわすれましたが、今まで飛び出したり倒れていたことはありませんが念のため蓋はきちんと着けて使用しましょう)f:id:kenzoo33:20181121122807j:plain
最後に30分ほど換気をすれば終了。洗い流す必要はないので、そのままお風呂に入れます。

【使い方のポイント】

1.浴室の窓ガラスを閉め、換気扇を停止させる。f:id:kenzoo33:20181121122823j:plain

2.水を入れすぎたり、水が少なすぎないようご注意。水を入れすぎると煙が出ないことがあるようです。

3.缶を逆さにセットしないようご注意ください。煙が出ないことがあります。

4.アルミ袋は使用直前に開封ください。開けた後、長時間放置したままにすると煙が出ないことがあります。

※面倒な準備は不要浴室が濡れていても乾いていても効果に影響はありません。

おこさまのオモチャやイス、タオルやシャンプーなどの小物も置いたままで一緒に除菌できます。

【2ヶ月に1回、おふろの防カビくん煙剤を使い続けることによって】
『ルック おふろの防カビくん煙剤』が二か月に一度の使用を薦めているのは、浴室内のカビを99.999%除菌した後で、新しいカビが活動を始めるまでが、ちょうど二か月くらいだから二か月に一度使用し続けることで原因菌を除去でき防カビ効果が更に高まります。

【注意ポイント】

水アカやヌメリには効果がない。また、使用時の煙が嫌な臭いではないですが臭う。

残念ながら、黒カビ以外の水アカやヌメリなどができにくくなるような効果はないようです。

また、換気扇を止めて煙を充満させていると浴室の扉を閉めていても、薬剤の臭いが洗面所まで流れてきてしまいますが問題はないようです。においが気になるようでしたら部屋の換気をしてください。

【どんな素材や製品でも大丈夫?】
置いたまま、そのままでも使用できるもの
木材・ステンレス・ホーロー・アルミ・タイル・コンクリート・大理石・ガラス・プラスチック・FRP
※使用する際、注意が必要なもの(浴室から出すもの)
銅・真鍮・トタン・観葉植物。

★日々のお手入れに『カビ取りくん煙剤』を取り入れることで、お掃除もラクになり、めんどうで危険も伴うカビ取り剤の使用頻度も少なく出来ると思いますので検討してみてはいかがでしょうか。