【ホームセンターで買える材料で】お手軽・自分好みのテーブル・オーディオラックを5000円台で作ってみた。

ホームセンターで買える木材とスチール脚を購入し自分好みのテーブル・オーディオラックを作ってみた。

f:id:kenzoo33:20181022184749j:plain

 

既製品よりオリジナル製品を自分で作る

ニトリやIKEA、無印良品などでは大きさや形など、丁度いいものが中々売っていなかったり

価格が高い場合には、ホームセンターで売っている木材などで自作する事をお勧めします。

節・木目、自分好みの木材に出会える

大きめのホームセンターに行くと木材の種類も豊富で桜・楓・栗・米松や銘木など

自分好みの木材に出会える。古材や足場板などを使いインダストリアルなかっこいい

家具も作れるようになりたい。

木材はホームセンターでお手軽、綺麗にカットして貰おう

使用する木材を入手したらお店で好みの長さ、形にカットしてもらう事が出来ます。

直線カットなら数十円で綺麗にカットしてもらえます。

商品購入店・価格等

スチール脚(幅50cm×高さ20cm)は20cm)、セキチュー 上尾店で1個 約700円。

セキチューでは、銘木やパイン材の板材はありましたが気に入ったものが無かったので

ジョイフル本田 幸手店で、杉浮造り加工板(20×120×1820mm)一枚約900円×4枚を購入。

補強板として、1×3材と1×1材もジョイフル本田で購入。

1×3材は、ジョイフルの物は表面がケバケバしており、セキチューの方がスベスベでよいかと思います。

f:id:kenzoo33:20181022183624j:plain

天板見た目・改善ポイント

天板は隙間を開けずに並べても良かったのですが今回はすのこ状に隙間を開けて作ってみました。

f:id:kenzoo33:20181022183613j:plain

また、天板は節と木目が綺麗なものにしましたが節なら節一種類の方がバランスが良かったかと思います。 

f:id:kenzoo33:20181022183602j:plain

制作時のポイント

すのこのような隙間は、板と板の間にちょうど良い幅の消しゴムがあったので消しゴムを間に挟んで均一な隙間を作りました。

f:id:kenzoo33:20181022215636j:plain

消しゴムで丁度よい幅は作れましたが、消しゴムでは柔らかすぎて(圧を掛けると若干縮むため)隙間を均一に作るのが難しかったので、もう少し固い物で隙間を作った方が良かったと思います。

電気ドリルはホームセンターで借りられる

天板はホームセンターで板材をすべてカットしてもらえば、後は電気ドリルで固定していくだけでどなたにでも簡単に作ることができると思います。

スチール脚の固定には鉄板ビスのような鉄板に穴を開けられるようなビスを使うかドリルの刃でスチール脚に穴を開けてからでないと固定が出来ない(今回購入した、セキチューのスチール脚の場合)ので、電気ドリルはあった方が良いかと思います。

電気ドリルも数万円するので一・二度使う程度でしたら、ホームセンタードイトの店舗によっては工具を一日500円程度でレンタルしているのでレンタルするのもお勧めです。

 

最後の重要ポイント

スチール脚の裏にフエルトなどキズ防止材を貼りフローリングなど床にキズがつくのを防止します。

f:id:kenzoo33:20181022183554j:plain

 制作費用等、まとめ

 今回のテーブル・オーディオラックの制作費用は、板材で約4000円 スチール脚で1400円 ビスで400円 合計しても5000円台で制作出来ました。

板材も自分が気に入ったものを使いまた自分で作った事で愛着も湧き、製作は初めてでしたが2・3時間で割と簡単に作ることが出来ました。

家具屋等でMDF材に木目シールを貼ったようなテーブルよりも天然木で作った方が暖かみもあり、木の香りもして良いです。

今回は、板材に何も塗りませんでしたがワックスや塗料を塗ることでオリジナルの家具が出来より一層愛着の湧く家具が出来ると思います。

また時間が出来たら何か作ってブログにもアップしてみたいと思います。